トート♪バッグ

Tシャツを利用して、オリジナルのかわいいトートを作ろう

トートバックは、大小どんなサイズでも使い勝手が良く、便利なかばんです。また、かわいいデザインのものは、持っているだけでファッションセンスがアップするので、高い注目を浴びれます。そのような、トートーバックを、手作りする人も増えています。手芸屋にいっておしゃれな布を選ぶのも良いですが、着なくなったTシャツから作る方法もあります。Tシャツのイラストは、かばんにもよくにあるタイプが多く、そのまま捨てるのはもったいないので、エコを兼ねて、挑戦してみるのも良いでしょう。材料は、裏地の布と接着芯です。Tシャツは強度が弱いので、少しでも耐久性の良いものにしたいなら、厚手の裏地や、硬めの接着芯を選ぶ事をお勧めします。Tシャツの取り入れたいデザインに合わせて型紙を作り、Tシャツ部分に接着芯をあてて補強します。その後、型紙に合わせてTシャツと裏地を裁断し、縫い合わせていきます。持ち手は、手芸屋でも買えますが、同じ生地で合わせたいなら、Tシャツの残り部分から作るのもお勧めです。

かわいいトートを手作りしよう

トートバッグとは、持ち手が二つ付いた四角形の持ち運びが出来るバッグの事をいいます。出し入れもし易く、沢山物も入る構造になっているので、様々な人に親しまれています。子供のお稽古バッグや学校へ持っていく、手提げ袋もトートバッグなので、かわいい生地を購入するだけで好みのバッグを作る事が出来ます。手芸が苦手やあまり裁縫をしないという人でも、直線に布を裁って直線縫いをするだけなので、簡単に仕上げる事が出来るのが特徴です。型紙も手芸の本等にも掲載されていますし、インターネット等でも簡単に見つける事も可能です。手縫いする事でも作る事が出来ますが、時間が掛かってしまうのでミシンがあると短時間で作る事が出来ます。裏地やマチを付きにする事で、丈夫で物を沢山入れる事が可能です。ポケットを付けたり、ラミネート加工されている生地を選ぶ事によっても、濡れても大丈夫な丈夫なトートに仕上げる事が出来ますし、お弁当入れにも最適となります。

check

2017/2/10 更新


ページトップ▲